老けを加速させてしまう頭皮のシミ。その原因・対策・対処方法について


老けを加速させてしまう頭皮のシミ。その原因・対策・対処方法について

シミやそばかすと言えばつい顔だけに集中してしまいがちですが、実は頭皮もシミやそばかすが出来る可能性があります。シミが顔にあると老けた印象がありますよね?これは顔に限らず頭皮も同じです。

特に男性は髪の毛が短い人もたくさんいるため、シミやそばかすが目立ってしまいます。そのため、顔のケアをするなら頭皮も一緒にケアする事をおすすめします。

では、なぜ頭皮にシミやそばかすが出来てしまうのかその原因と対策方法を紹介したいと思います。

頭皮にシミが出来る原因

シミができる原因は頭皮も他の部位も同じです。生活習慣 (ストレスや睡眠不足、食生活) も原因として挙げられます。ただし、大きく違うのは紫外線の影響です。

シミができる 4 つの大きな要因という記事でシミができる原因を以下のように紹介しています。

紫外線によりシミができる原因はメラニン色素にあります。紫外線を浴びると、人間の体は紫外線から肌を守るためにメラニン色素を作り出します。

このメラニン色素は肌を黒くする作用を持っていますが、紫外線ダメージを吸収後、肌から排出されるため正常な肌状態であればシミになることはありません。しかし、紫外線をたくさん浴びてしまうと、その分たくさんのメラニン色素が作り出されてしまい、これが体にシミとして一部残ってしまいます。

頭皮は人間の体のてっぺんにあるので、他のどこよりも紫外線を受けやすい部位です。

本来は髪の毛が紫外線から頭皮を守るという役割も果たしているのですが、男性は短髪の人も多く、紫外線の影響を受けやすいヘアスタイルをしています。また、男性は年齢を重なるにつれて男性ホルモンの影響を強く受けることにより髪が細く薄くなりやすい傾向にあります。

今は大丈夫でもシミは一度できてしまうと対処が困難なので、しっかりとシミ対策をして頭皮を守りましょう。

頭皮のシミ対策

では、シミを予防するためにはどういった方法があるのでしょうか?

頭皮のシミ対策①:帽子

日傘を使うという手もありますが、男性は少し抵抗がありますよね。一番手軽な方法は、帽子を着用することです。

これなら簡単に紫外線カットができる上、帽子をかぶるだけなので手間もかかりません。UVカット加工がしっかりされている帽子だとなお効果的です。

ただし、蒸れ等は薄毛の要因にもなってしまうため、通気性なども意識をした方がよいでしょう。自分のファッションに合った帽子をかぶり紫外線対策をしましょう。

頭皮のシミ対策②:出来るだけ日陰にいる

これも考え方は帽子と同じですが、日陰にいることも紫外線対策になります。

日陰の紫外線量は日なたの約50%程だとされています。野外で活動する時間が長いならテントやパラソルを利用して、出来る限りその中にいると紫外線をよけることが出来ます。特に真夏の海や山のレジャーやスポーツでは、熱中症対策もかねて日陰に入るようにして下さい。

頭皮のシミ対策③:日焼け止め

帽子はスタイリングが崩れるし、日陰に避難してたら遊べないし。。こういった対策がいいのはわかっていても、やっぱり気にせず堂々としていたいのが男心ってやつですよね。

そんな時はスプレータイプの日焼け止めがおすすめです。日焼け止めって普段は体にしかつけるイメージがありませんが、本来は頭皮もしっかりと守るべきなのです。クリームタイプだとヘアスタイルが崩れたり、何かと不便なのでスプレータイプを利用しましょう。

日焼け止めという観点では通常の体に使う日焼け止めでも問題ありません。でも気になる場合には頭皮や髪の毛用の商品を購入すると安心だと思います。

例えば、以下の大手化粧品ブランドの資生堂が出しているアデノバイタル ルートスプレーなど、髪の毛もしっかりと意識していることが商品説明を見てもわかります。

なお、時間が経過したり汗をかいたり、日焼け止めが落ちている場合は UVカット効果が弱まってしまうので、定期的にスプレーしなおす事をおすすめします。

頭皮にできたシミを除去する方法

シミは体に残ってしまったメラニン色素です。今では技術が進化してレーザー治療によりこのメラニンを破壊して、シミを薄くしたり除去したりすることができるようになりました。

ですが、当たり前のことですが人の肌にはそれぞれ特徴があり、それぞれ状態が違います。A さんに効果的だったからといってあなたに効果があるとは限りません。さらに頭皮には髪の毛もあります。シミと一緒に髪の毛もなくなったなんて事になると元も子もありません。

最適な対処方法を見つけることをより困難にしているのが、シミに効くと言われている商品や施術方法の多さです。多くの人がシミに悩んでいる分、本当に効果がある方法を判断しかねるぐらい、シミに効果的といわれる様々な商品や施術方法があります。

繊細な問題だからこそ、できてしまったシミを除去したい場合には自分で色々試さず、必ず美容皮膚科等で専門医に相談して、あなたの肌にあった対処方法を判断してもらいましょう。

また、頭皮にシミを除去したいわけじゃないけど大丈夫のかが心配で気になる場合にも一度専門医に相談することをおすすめします。シミとほくろが見分けにくかったり、多くの場合は何ともありません。でも何もなかったとしても、先生にしっかりと確認してもらい、そう言ってもらえるだけで安心できるものです。

プロの目で判断してもらい、あなたの肌に合った対処方法を実施することが改善への最前最短のルートです。

まとめ:頭皮もシミ対策が大切

以上、今回は頭皮のシミについて紹介をしました。以下 4 点だけでも覚えておいてください。

  • 頭皮にもシミはできる
  • 他の部位と比べて紫外線の影響を受けやすい
  • 頭皮のシミ対策にはスプレータイプの日焼け止めがおすすめ
  • 頭皮のシミが気になった場合には色々試す前に専門医に相談しましょう。

今は髪の毛で目立たないからいいやと思っていても将来どんな髪型にするか分からないですよね。後からしまったと後悔しないように、頭皮のシミ対策もしっかりと行ないましょう。